銃の基礎知識

  1. 猟銃の価格帯

    猟銃の値段/新銃・中古銃の価格帯

    新銃(散弾銃・空気銃)の値段新銃を購入をお考えの場合、やはり非常に気になるのがその価格であると思います。ここでは新銃の価格について説明します。猟銃の値段:新銃新銃でもコストパフォーマンスに優れているモデルであれば10万円中盤~で手に入れることができます。

  2. 射撃の知識1

    狩猟用と射撃用の引き金の重さの目安と安全装置

    銃を安全に取り扱うために必要なこと銃の引き金には重さがあります。 この重さとは引き金を引くために必要な力のことを表します。 射撃用の銃と狩猟用の銃にはそれぞれに重さの目安が設定されています。

  3. サボット弾解説

    サボット弾と専用銃身

    散弾銃をいざ初めて購入しようと思っても、好きなメーカーや好みのビジュアルの銃という以外に困ってしまうのが銃身のタイプです。 当然、自分自身がどのような目的で銃を所持・使用するのかによって、選ぶべき銃のタイプと銃身のタイプというものが変わってきます。

  4. スラッグ弾

    スラッグ弾とは/その使用対象

    散弾銃用の弾:スラッグ弾散弾銃とはいっても、実はライフルと似ている一発の弾を発射するタイプの弾(装弾・実包)があります。 スラッグ弾(ライフルドスラッグ)やサボット弾(サボットスラッグ弾)と呼ばれるもので、ここではスラッグ弾(ライフルドスラッグ)について説明します。

  5. ガンロッカーの中古を探す方法

    中古ガンロッカー・装弾ロッカーについて銃を取得・所持するまでには様々な費用(事務手続きに係る手数料や射撃教習の受講料、猟銃の代金等)が発生します。このようなことから、できるだけ費用を抑えたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?やはり、中古の散弾銃や空気銃を選び価格を抑える。

  6. 装弾ロッカーの設置方法

    装弾ロッカーとは銃を所持する上で事前に必ず用意しなければならない設備として、装弾ロッカーがあります。これは装薬銃の弾のと厳重に保管するための専用の保管庫です。

  7. 銃砲・射撃・狩猟用語集

    随時銃砲・射撃・狩猟に関する用語を追加していきます。

  8. 銃の所持許可制度の基本的な考え方

    一銃一許可制日本国内において一般人が猟銃を所持しようとした場合、まず基本となるのが一銃一許可制です。これは、一つの銃に一つの許可しか認められていないということで、一つの銃を2人以上の複数人で所持許可を取得し共用とすることは認められていません。

  9. ガンロッカーの設置方法

    ガンロッカーの設置について日本で銃器を所持する上において、必ず事前に用意しておかなければならない物の一つにガンロッカーがあります。 ガンロッカーは自分の銃を安全に管理・保管するための保管庫となります。

ページ上部へ戻る