詳細紹介

銃砲・射撃・狩猟用語集

随時銃砲・射撃・狩猟に関する用語を追加していきます。

銃砲に関する用語

照星

照門

中間照星

ライフリング

リブ

射撃に関する用語

追い矢
射撃者に対し、前方方向に離れていく飛翔体(クレー・カモ等)に対する射撃

肩付け(かた付け)

スキート射撃
クレー射撃の競技。スキート射撃を行う射面は半円形となっており、射面の向かって左から1番射台~7番射台(右端)、そして1番射台と7番射台の対角線中央に8番射台が設けられています。射撃を行うグループ(射団)全員で1番から8番までの各射台を移動しながら競技を行います。クレーの射出は1番射台後面の射出室(プールハウス)と7番射台後面の射出室(マークハウス)からとなります。
ルールには「国際ルール」と「フリースタイル」があります。夏季オリンピック正式種目。

トラップ射撃
クレー射撃の競技。横並びに1番射台~5番射台まであり、これを右へと移動しながら射撃を行う競技です。
これを5周することで1ラウンド25枚のクレーが射出されます。クレー1枚の撃破につき1点の得点となります。
なお、試合や大会では2ラウンドの合計得点や4ラウンドの合計得点によって競技が行われます。夏季オリンピック正式種目。

頬付け(ほほ付け)
射撃姿勢における銃床の上端部を射撃者の頬骨にあてがう動作。射撃時にしっかりと頬付けを行っていないと(隙間があると)射撃時の反動によって痛みや頬の腫れを起こす場合がある。
精度の高い射撃を行うには、頭を傾けないなど正しい頬付けを行う必要があります。

マスターアイ
利き目のこと。手に右利き、左利きがあるように、目にも利き目があります。銃の射撃時の狙いをつけるのに非常に重要な要素です。利き目が右の場合での右撃ち、効き目が左の場合での左打ちであれば問題ありませんが、効き目と構えが逆の場合には狙いにずれが生じるので狙いをつけていない側の目を閉じる、訓練よって矯正する等の対策が必要となります。

迎え矢
射撃者に向かってくる飛翔体(クレー・カモ等)に対する射撃

矢先

狩猟に関する用語

囲い罠(かこいわな)

くくり罠(くくりわな)

しゃくり

勢子(せこ)

タツ

トラバサミ

寝屋(ねや)

箱罠(はこわな)

半矢

関連記事

ページ上部へ戻る