詳細紹介

スラッグ弾とは/その使用対象

散弾銃用の弾:スラッグ弾

散弾銃とはいっても、実はライフルと似ている一発の弾を発射するタイプの弾(装弾・実包)があります。
スラッグ弾(ライフルドスラッグ)サボット弾(サボットスラッグ弾)と呼ばれるもので、ここではスラッグ弾(ライフルドスラッグ)について説明します。

スラッグ弾の構造

スラッグ弾(ライフルドスラッグ)の弾頭は火縄銃の弾のように丸い形状をしているわけではありません。
側面に斜めに溝が彫られており(成形されており)、発射後、溝に沿う空気の流れによって生まれる回転によるジャイロ効果や、バトミントンのシャトルと同様の要領でまっすぐに飛ぶようにその形状には工夫が凝らされています。
スラッグ弾での50mレンジでの標的射撃であれば十分な精度が得られることが分かります。
もし、実猟でスラッグ弾を使用するのであれば、ぜひ射撃場に行って練習することをおすすめします。標的射撃も楽しいですよ!

最大有効射程は100m、(殺傷力の有無に係らない)最大到達距離は700mとされています。
ライフル弾に比べると、有効射程、最大到達距離ともに短くなっていますが、当然、当たれば即重大事故につながってしまいますので、スラッグ弾の使用時には確実にバックストップ(弾の到達先で弾を受け止める地表、山肌など)があることを確認できない限り発射しないことを常に心掛けなければなりません。

スラッグ弾 = 一発弾

俗に一発弾といえばスラッグ弾のことをいいます。
また、当サイトではスラッグ弾という名称で統一していますが、スラグ弾でも同一の物を表しますので、どちらも正しい表記といえます。

スラッグ弾の使用対象

スラッグ弾は細かい鉛の粒を射出する散弾と違い、一発の鉛玉ですので重量もあり、殺傷能力の高いのが特徴で、狩猟時の使用対象というものが限定されています。
いわゆる大型獣(シカ・イノシシ・熊)がその使用対象となります。大型獣以下の獲物に対しては使用不可となります。

スラッグ弾の値段

通常の散弾に比べ、スラっグ弾単体での価格は割高となります。
散弾であれば一発数十円単位での購入が可能ですが、スラッグ弾の場合、一発数百円~が目安といえます。
同メーカー・同タイプの弾でも銃砲火薬店それぞれによって価格設定が異なりますが、それは原価率の違いというよりも、各店舗によっての利益率の設定の違いですので、当サイトとして推奨するのは、お世話になるなじみの銃砲火薬店にて装弾を購入することです。装弾の販売も銃砲火薬店での主要な売り上げの一つとなります。

>シューターズ&ハンターズデポサイトトップへ

関連記事

ページ上部へ戻る