詳細紹介

ガンロッカーの設置方法

ガンロッカーの設置について

日本で銃器を所持する上において、必ず事前に用意しておかなければならない物の一つにガンロッカーがあります。
ガンロッカーは自分の銃を安全に管理・保管するための保管庫となります。 また、ガンロッカーの使用には設置場所、適法なガンロッカーの基準などは「銃刀法」と「内閣府令」に基づいて、いくつかの守らなければならないポイントがあります。

ガンロッカーの使用上の注意点

銃を所持する上で自分の銃を確実に支配下に置くことが求められます。
ガンロッカーの役目は自身の銃を盗難や紛失から守るというのもありますが、その前提として家人を含め、自分以外の誰にも銃器を触れることのないように安全に保管することがその役目となります。
ガンロッカーのカギは自身で厳重に管理し、その保管場所を(家人を含め)他人に知られないようにする必要があります。
また、銃の使用に必要な装弾(弾・実包)を銃と一緒にガンロッカーにしまうことはできません。
万が一、ガンロッカーが盗難にあった場合に、そこに装弾が一緒にあることで即犯罪に使用されてしまうことが想定されるためで、装弾に関してはガンロッカーとは別に装弾を安全に保管することのできる装弾ロッカーを用意する必要があります。(装弾ロッカーにも設置場所・設置方法等に基準があります。)

ガンロッカーの設置場所について

ガンロッカーの設置場所はできるだけ目立たない場所に設置するのが望ましいでしょう。
銃砲の所持許可を申請すると必ず生活安全課の担当者がガンロッカー、装弾ロッカーの設置状況を確認しに来ます。
設置場所には、押し入れ、寝室、応接間、居間、物置など様々な状況が考えられますが、部屋の面積、構造上、どうしても人目に付くようであれば布やカーテンで目隠しすることが必要となる場合があります。
設置場所は、それぞれの住宅環境によるところも大きいので、設置場所、設置方法に不安があるようであれば地域の警察署の生活安全課の担当者に直接問い合わせるのが確実です。また、ガンロッカー・装弾ロッカー確認の訪問時に不備があるようであれば訪問した警察の方の指示にしたがい適切に処置し、OKを貰いましょう。

ガンロッカーの固定方法について

設置場所とともに重要となるのがガンロッカーの設置方法(固定方法)です。 猟銃をしまうガンロッカー自体を窃盗等により持ち去られないように対策をしなければ許可がおりることはありません。 その対策方法は主に2種類があります。

1. 接している壁にガンロッカー内部からビス止めする。
一番安全確実な方法といえます。ガンロッカー内部から接地している壁にぴったりとビスで固定しますのでガンロッカーを移動させることができません。 唯一の難点は固定するために壁に穴をあけなければならないことがあります。

2. 容易に持ち出せないような重量にする。
1の方法が困難な場合はこちらの方法となります。(賃貸物件だから壁に穴をあけられない。)などの場合は、ビス止めの代わりにガンロッカー自体を容易に持ち出せない、持ち運べない重量にして対応します。
一概に何kg以上という基準は定められていないようですが、方法としてはガンロッカー内部に鉄板、バーベルのプレートなどの重量物を設置します。
もちろんガンロッカー自体も重いのですが実際、特別なものでない限り大人一人で持ち運ぶことが可能です。つまり、これを困難にする重量が必要となります。(おおむね20kg以上を設置している人が多いようです。)
重量に関し、事前に管轄地域の警察署の生活安全課の担当者に問い合わせるのはもちろん、訪問確認時に不備があるようであれば訪問した警察の方の指示にしたがい適切に処置し、OKを貰いましょう。

ガンロッカーの基準7つ

ガンロッカーと普通の事務用品としてのロッカーは外観はあまり変わらないと感じるかもしれません。
ただ、適法に銃を保管する上では普通のロっカーを使うことができません。ガンロッカーとして使用するためにはいくつかの基準をクリアしていなければなりません。

ガンロッカーの設置基準

※鋼板の厚みが1mm以上であること
ガンロッカーのすべての部分が厚さ1mm以上の鋼板によって作られている必要があります。

※鎌錠
施錠機構は外部からの力によって容易に開けられないようにしなければなりません。このため、ガンロッカーの扉部分の錠の多くには鎌錠等が用いられます。

※かんぬき機構
扉の施錠の際、かんぬき機構等の扉の上下をガンロッカー本体に固定できなければなりません。

※蝶番を切断されても開けられない装置
外部に露出している蝶番が切断されても、さらに扉内部に(金属プレート等の)返しがついているため扉を解放できない構造が主となります。

※ガンロッカー内部に鎖等で銃を固定するための装置
用心金(ようじんがね)の中を通してから施錠し固定します。盗難防止の役割もあります。

※ガンロッカーの扉の施錠機構には掛け忘れ防止装置付きであること
カギによる施錠の場合、確実に施錠しない限りカギが引き抜けない等がこれに当たります。

※ガンロッカーを閉鎖する扉の錠は、カギ違い120種類以上であること

以上の7項目となります。
これ以外であれば、同等に堅固な設備である必要があります。

シューターズ&ハンターズデポトップページへ

関連記事

ページ上部へ戻る