詳細紹介

クレー射撃をするために必要な免許とは

クレー射撃を楽しむための免許

クレー射撃を始めるまでに何をそろえればいいの?
クレー射撃の免許って必要なの?
クレー射撃をやってみたい。でも、始め方がわからない、、。
また、少し(銃を扱うので)怖いイメージやハードルが高そうというといった感想をお持ちの方も多いと思います。
ここでは、実際に始めるまでを説明します。

クレー射撃に必要な免許

クレー射撃に必要な免許というものはありません。
クレー射撃を楽しむために必要な免許というものといえば、銃砲の所持許可を得るというというだけです。
また、銃を手に入れても、弾(装弾・実包)に関しては火薬類譲受証を取得し、弾を買うための許可証も必要となります。
※実際には銃砲の所持許可申請時に行われる教習射撃に使用する弾を購入するために火薬類譲受証を住所地を管轄する警察署にて取得することとなります。

弾(装弾・実包)を買う

弾は、自分のホーム(懇意にしている)銃砲火薬店や射撃場にて購入することをおすすめします。
銃砲火薬店にとって弾の販売も大切な収入源と一つとなっています!
上でも説明しましたが、弾の購入には住所地を管轄する警察署にて事前に猟銃用火薬類等譲受許可申請を行い、「火薬類譲受証」を取得しておく必要があります。また、火薬類譲受証で設定した装弾可能購入数に達してしまった場合、新たに火薬類譲受証を取得する必要があります。
銃砲火薬店や射撃場で販売される弾(装弾・実包)は、この火薬類譲受証を持っていないと購入することができません。

クレー射撃場に行ってみる

クレー射撃をしに射撃場に行ってみるとわかりますが、射撃場によってその雰囲気が違うことがわかります。
トラップ射撃、スキート射撃、同時に標的射撃のレンジまで揃っている非常に規模の大きな射撃場や、逆にクレー射撃場の射面が一つのみ射撃場もあります。
競技性を追求した射撃場や、やり方・コツを教えてくれるようなアットホームな雰囲気の射撃場と様々です。
一度、どんな風にクレー射撃をやっているのか見て勉強するのと雰囲気を知るのもかねて、気になる射撃場を見学するのも良いでしょう。

クレー射撃場の週末の状況

多くのクレー射撃場では、週末ということで弾帯予約などで忙しいというばかりでなく、朝一番からクレー射撃の競技大会が組まれている場合がありますので、一般でのクレー射撃が行えない場合があります。
週末にクレー射撃を楽しみたい場合、事前に射撃場に電話して状況を確認する、射撃場ウェブサイトでスケジュールを確認する、などをおすすめします。

クレー射撃の携帯品・必要なもの

ご自分の銃
銃砲所持許可証
銃と共に必ずお持ちください。
火薬類譲受証
射撃場で装弾を購入するために必要です。
イヤープラグ(耳栓)またはイヤープロテクター
射撃に伴う爆音から耳を守ります。
シューティングベスト
射撃中に必要な装弾をシューティングベストのポケットに入れておきます。
動きやすい靴
靴底の滑りづらいもの、かつ、動きやすいもの。ヒール付でないもの。
必ずしも射撃専用の靴である必要はありません。

上記の基本的な携帯品・装備とともに、装弾ケース(持ち運べるタイプ)やシューズプロテクター、キャップ、サングラスまたは保護メガネ,
汗ふき用のタオル、などを用意しておくと便利です。

クレー射撃を楽しみましょう!

射撃場にとってはもちろん、銃砲に関る業界にとって、クレー射撃愛好家が増えることは非常に大きなプラスといえます。
人それぞれ趣味は様々ですが、クレー射撃という長く楽しむことができ、非常に奥深い世界をぜひ体験してみてください。

>シューターズ&ハンターズデポトップ

ページ上部へ戻る